Heart of etegami title
地球・絵手紙ネットグループ 木下 誠

<第4話 「思いやり」こそが絵手紙の心>

 今の世の中、不況の風が吹き荒れていますが、逆に絵手紙は景気よく盛んになっています。世の中が暗いからこそ、何か明るさを求め、心の豊かさを求めて「絵手紙」に魅れるのかもしれません。そんな期待に応えて、日常生活の中で絵手紙を生かしましょう。
 「絵手紙は技法よりも心を大切にします。」ということを、今一度思い起こしてみましょう。絵手紙を出すあの人に、そして絵手紙を描く素材(モチーフ)に、愛情・友情を持つことです。言葉を替えて言えば、絵手紙をするあなたに、あらゆる「もの」に対して「思いやり」の心があるか無いかです。絵手紙は、つまるところ自分自身を赤裸々に語るものです。誤魔化しはできません。
 どうぞ「思いやり」の心で絵手紙をしましょう。私は今年、自然環境保護のために、一年草である「ケナフ」を材料とした紙の普及に共鳴して、ケナフ紙の絵手紙に取り組むこととしました。小さくとも、地球環境に対する私の「思いやり」と考えています。(1999年執筆)

地球・絵手紙絵ネットグループ会報 「絵てがみの心」より抜粋(無断転載を禁じます)

■ 絵てがみの心 ■ 絵手紙雑感 ■ 絵手紙物語 ■ 絵てがみの心U ■ 絵てがみの心V
■ 絵てがみの心W ■ 絵手紙雑感U ■ 絵手紙雑感V ■ 絵手紙雑感W ■ ひとりごと




−Rainy season is over−

etegami monthly selection




Menu;

メインページ(ぎゃらりー)

心伝える絵手紙教室59 −「寸景スケッチ」−

絵手紙をはじめてみたい人のために

雑記帳 −書籍、絵手紙展のご案内など−






mail@chikyu-etegami.net
地球・絵手紙ネットグループ