Heart of etegami title
地球・絵手紙ネットグループ 木下 誠

<最終話 新しいことに挑戦>

 絵手紙を始めると、不思議なことに、いろいろな分野で新しい発見があります。自分自身の知らなかった自分の新しい能力。思わぬ人々との出会い。大自然の素晴らしさ、厳しさの再発見。時間を忘れて熱中できる余裕があったこと。他人が喜んでくれる、自分も他人に尽くす力があったという満足。などなど、たくさんな効果があります。私の例を挙げましょう。

 ○ 「ダーマート・グラフ」という新素材の筆記用具を始めて使い、風景などを描く事に挑戦しました。それまで使っていた4Bの鉛筆よりも、多種多様な濃淡が描けることにびっくりするとともに、遠近感や明暗がよく描けるようになりました。新しい素材にためらわず挑戦して、自信を持つことができ、皆さんに推薦しました。

 ○ その他筆記用具として、マッチ棒・爪楊枝・割り箸、枯れ枝と何でも使いました。それぞれの線の違いが味わいとしてわかるようになりました。その時の新しい挑戦は、筆記用具の持ち方でした。いわゆる「包丁持ち」です。

 ○ 習慣ではなく、新しい「線」の引き方もするようになりました。横に引く線は、右から左へ。縦の線は、下から上へ。丸の線もいつもと逆に書くようにしてみました。初めは書きずらいものですが、よい線が書けます。いわゆる「感覚的な」線です。知識・習慣だけに頼らず、今までにやったことのないことに、好奇心を持って挑戦すれば、もっともっと絵手紙効果が増え、人生楽しくなりましょう。

地球・絵手紙絵ネットグループ会報 「絵てがみの心」より抜粋(無断転載を禁じます)

■ 絵てがみの心 ■ 絵手紙雑感 ■ 絵手紙物語 ■ 絵てがみの心U ■ 絵てがみの心V
■ 絵てがみの心W ■ 絵手紙雑感U ■ 絵手紙雑感V ■ 絵手紙雑感W ■ ひとりごと




−When sake is good, We put on a smile.. −

etegami monthly selection




Menu;

メインページ(ぎゃらりー)

心伝える絵手紙教室57 −「割箸を使って描く」−

絵手紙をはじめてみたい人のために

雑記帳 −書籍、絵手紙展のご案内など−






mail@chikyu-etegami.net
地球・絵手紙ネットグループ