Heart of etegami title
地球・絵手紙ネットグループ 木下 誠

<第5話 日本アルプスのような展開を>

 私の故郷は信州松本です。生まれてから20年間故郷で生活しました。今でも強く印象に残るのは、春夏秋冬の朝夕に眺めて飽きない北アルプスの山々の姿です。東から西へ乗鞍・穂高・蝶ヶ岳・槍ヶ岳・常念岳・大天井・燕・鹿島槍・白馬岳などの山々が連なっています。どの山が好きかと言われても困りますが、強いて言えば常念岳です。両手を合わせて常に念じる姿。母親の教訓と重ね合わせて思い出すからでしょうか。でもアルプスは一つの山では成り立ちません。たくさんの山々が存在して山脈となっています。どの山も個性があり、容姿があり毅然としています。私はその山脈が一番好きです。
 私たち地球・絵手紙ネットグループは、日本アルプスのような絵手紙の展開を目指しています。富士山という山だけが山ではありません。まして、富士山と同じ山がたくさん出来ても魅力は持てません。絵手紙も同じように同じ絵手紙がたくさん並んでいると飽き飽きします。私たちの協会に属する「講師」は日本アルプスの山々のように十人十色の特色を持つよう努めています。個性や容姿は異なっても、山脈としての筋の通った連帯があります。また、会員の皆さんには、自分の好みに合った山に登り、そしてやがて自分の山をつくり、新しい山の名前をつけてくれることを期待しています。

地球・絵手紙絵ネットグループ会報 「絵てがみの心」より抜粋(無断転載を禁じます)

■ 絵てがみの心 ■ 絵手紙雑感 ■ 絵手紙物語 ■ 絵てがみの心U ■ 絵てがみの心V
■ 絵てがみの心W ■ 絵手紙雑感U ■ 絵手紙雑感V ■ 絵手紙雑感W ■ ひとりごと




−The autumnal tints of Myougi-mountain in Japan are wonderful.−

etegami monthly selection




Menu;

メインページ(ぎゃらりー)

心伝える絵手紙教室61 −「スケッチ 建造物を描」−

絵手紙をはじめてみたい人のために

雑記帳 −書籍、絵手紙展のご案内など−






mail@chikyu-etegami.net
地球・絵手紙ネットグループ