絵手紙の道具

鉛筆 絵手紙を描くための基本になる筆記用具です。細やかなやさしさが表現できます。最初は4B・5B、慣れてきたらH・HB・2B・スケッチペンシル
割り箸 1本の割り箸で予測のつかない多様な線が表現できます。木の枝、竹串、爪楊枝も味のある線が表現できおもしろいです。
ダーマトグラフ 12色ありますが線を引くときは主に黒・藍・紫がよいでしょう。遠近感・立体感など存在感が表現できます
墨、インク 墨は力強さ、おおらかさ、のびのびとした情感を表現するのに最適です。サインペンは、しっかりとした輪郭線で意志の強さ、万年筆(インク)は、一種独特の味わい表現できます
彩色道具 日本画の絵具である顔彩、(携帯用)水彩絵具、水彩色鉛筆、ダーマートなどなど、いろいろあります
用紙類 官製はがき、画仙紙、半紙、折紙、切紙、巻紙、などなど、いろいろあります





絵手紙の描き方






絵手紙教室(地球・絵手紙ネットグループ)

絵手紙教室名 開催場所(問合せ先) (毎月)開催日時
横浜絵手紙を描く会 県民センター 第3木曜 13:30〜
平塚絵手紙の会 平塚郵便局 第3金曜 10:00〜
逗子絵手紙の会 逗子郵便局 第1水曜 10:00〜
さいたま絵手紙の会 浦和コミュニティセンター 第2水曜 13:30〜


Menu;

メインページ(ぎゃらりー)

絵てがみの心 -今月の一枚-

心伝える絵手紙教室54 −「陶器を描く」−

雑記帳 −書籍、絵手紙展のご案内など−






mail@chikyu-etegami.net
地球・絵手紙ネットグループ