編集後記

 9月に入って、暑さも少し和らいだ気がします。あんなに暑かった夏も終わりが近づくと寂しい気持ちになるのはなぜでしょう。
 さて、「絵手紙雑感」にも書かれていますが、今回の「絵手紙セレクション」は、地球・絵手紙ネットグループの「十人十色」の絵手紙です。絵手紙の筆記用具には鉛筆、筆、ダーマート、サインペン、割り箸等々、描く紙には画用紙、画仙紙、和紙等々、サイズも色々です。その中から何を選択するかは、描く人のその時の思いで決まります。だからこそ十人十色の良さが引き立つのだと思います。また、それだけ奥が深いということになります。

 ところで右のレモンの絵手紙は、私が描きました。絵手紙は、下絵を描く、彩色する、文章を書くの3ステップですが、今の私は、すべてをを学んでいく必要があると思っています。ただ文字が上達するかが心配です。最後に文字を入れるといつもがっかりしてしまいます。(2018/Sep/4)

 ホームページ「えてがみさろん」には、今、何枚の絵手紙が掲載されているかご存知ですか。答えは約1,600枚。えっどこにそんなにあるの?と思った方は、今から見にいってください。まずは、メインページに入り口のある「絵手紙再発見」。このホームページを公開した1997年から2007年までの作品が掲載されています。ここは、ご覧になった方も多いでしょう。実はもうひとつ書庫があります。わかりにくいのですが、、「絵手紙セレクション」のページの下の方、「HOME」の横の「書庫へ」をクリックしてください。テーマ別に分かれたたくさんの絵手紙をご覧いただけます。地球・絵手紙ネットグループの創始者、「木下誠流」絵手紙の勉強になります。「絵手紙雑感」にある「バックナンバー」と合わせて、ぜひご覧になってください。(2018/Jun/3)







 「通信絵手紙教室」発足のお知らせ

 「通信友の会」制度が、新たに通信「絵手紙教室」として復活しました。楽しむ・学ぶ・役立つ、絵手紙の情報誌、季刊「絵てがみの心」(B5版オールカラー30ページ程度)の送付をはじめ、グループ講師が絵手紙の指導を行います。
 近くに絵手紙教室がない方、絵手紙は描いてみたいけど教室に行く時間がない方、また、絵手紙を趣味とする仲間を探している方、よろしければ、「地球・絵手紙ネットグループ」が主催する通信「絵手紙教室」に入会してみませんか?興味のある方は下のリンクをクリックしてください。



 「会報『絵てがみの心』読者の会」発足のお知らせ


地球・絵手紙ネットグループ
情報誌「絵てがみの心」

 「自宅会員」制度に変わり、会報『絵てがみの心』読者の会が発足します。楽しむ・学ぶ・役立つ、絵手紙の情報誌、季刊「絵てがみの心」(B5版オールカラー30ページ程度)の送付をはじめ、より充実した「読書の会」をめざし知恵を絞ってまいります。
 入会を希望される皆様は下記宛までお電話またはホームページのお問合せフォームよりご連絡を下さい。折り返し詳細を文書でお送りいたします。なお、会員だった皆様には後日、詳細を郵便などでお知らせいたします。

 「読者の会」年会費:3,500円(3,241円+税)

 発行元:株式会社カテナ 会報「絵てがみの心」読者の会
 HomePage 夢の記憶社(株式会社カテナ)
 TEL 042-490-6831 ※受付時間 10:00-18:00(月曜-土曜)





 『絵手紙展』のお知らせ



 『絵手紙テキスト』改訂版発行のお知らせ

 「絵手紙を始める方への入門書」と副題についているとおり、絵手紙の道具から描き方まで懇切丁寧に説明されています。同じ素材を異なる筆記用具で描いたときの違いは?きっと今までにない新しい発見ができると思います。ぜひあなたのそばに置いていただきたい一冊です。購入を希望される方はメールでご連絡ください。




定価:1、300円(税込・送料別)
発行人:夢の記憶社



Link;

TOMO’s 絵手紙の世界へ。お嬢さんの描く絵手紙もとっても素敵です
たくさんの絵手紙とその一つ一つにつけられたコメント。2倍楽しめます
古くからの素敵な絵手紙仲間、中野幸子さんのブログです






Menu;

メインページ(ぎゃらりー)

絵手紙雑感 -今月の一枚-

心伝える絵手紙教室60 −「スケッチ 人物を描く」−

絵手紙をはじめてみたい人のために






mail@chikyu-etegami.net
地球・絵手紙ネットグループ