編集後記

 朝顔は私の大好きな花です。毎年、夏になると鉢植えの朝顔を買ってくるのですが、今年は昨年の朝顔の種を取っておいて種から育ててみました、種から育てるのは小学校の低学年以来ですから半世紀ぶりです。双葉が出て弦が出て元気よく育って、今回写真をアップする予定だったのですが、なぜかまだ花が咲きません。このまま葉っぱだけで終わってしまうということはないとは思うのですが、早く咲けと毎日祈っている今日この頃です。

 さて、先日、絵手紙展に行ってきました。以前も書いたのですが、私は絵手紙を見るとぐっと胸が熱くなるような感動が込みあげてきます。それは、描いた人の気持ち、退職する夫への感謝の気持ち、遠く離れた親、あるいは子を想う気持ち等々が絵と文章から伝わってくるからです。そして、絵が上手くなくてもその気持ちは、必ず見る人に伝わります。

 このページの下方で毎回地球・絵手紙ネットグループ主催の絵手紙展を案内しています。どの絵手紙展も感動を与えてくれるのですが、特に「夢展」とか「夢追いかけて展」というのは、複数の絵手紙教室が合同でテーマを選定し、絵手紙を追求した研究成果の発表の場です。絵手紙に興味がある人は、ぜひ一度行ってみてください。そして行ったら必ず、スタッフに声をかけてください。地球・絵手紙ネットグループのスタッフは、誰もが親切にそして熱く絵手紙について語ってくれると思います。(2017/Aug/01)









 「通信絵手紙教室」発足のお知らせ

 「通信友の会」制度が、新たに通信「絵手紙教室」として復活しました。楽しむ・学ぶ・役立つ、絵手紙の情報誌、季刊「絵てがみの心」(B5版オールカラー30ページ程度)の送付をはじめ、グループ講師が絵手紙の指導を行います。
 近くに絵手紙教室がない方、絵手紙は描いてみたいけど教室に行く時間がない方、また、絵手紙を趣味とする仲間を探している方、よろしければ、「地球・絵手紙ネットグループ」が主催する通信「絵手紙教室」に入会してみませんか?興味のある方は下のリンクをクリックしてください。



 「会報『絵てがみの心』読者の会」発足のお知らせ


地球・絵手紙ネットグループ
情報誌「絵てがみの心」

 「自宅会員」制度に変わり、会報『絵てがみの心』読者の会が発足します。楽しむ・学ぶ・役立つ、絵手紙の情報誌、季刊「絵てがみの心」(B5版オールカラー30ページ程度)の送付をはじめ、より充実した「読書の会」をめざし知恵を絞ってまいります。
 入会を希望される皆様は下記宛までお電話またはホームページのお問合せフォームよりご連絡を下さい。折り返し詳細を文書でお送りいたします。なお、会員だった皆様には後日、詳細を郵便などでお知らせいたします。

 「読者の会」年会費:3,500円(3,241円+税)

 発行元:株式会社カテナ 会報「絵てがみの心」読者の会
 HomePage 夢の記憶社(株式会社カテナ)
 TEL 042-490-6831 ※受付時間 10:00-18:00(月曜-土曜)





 『絵手紙展』のお知らせ



 『絵手紙テキスト』改訂版発行のお知らせ

 「絵手紙を始める方への入門書」と副題についているとおり、絵手紙の道具から描き方まで懇切丁寧に説明されています。同じ素材を異なる筆記用具で描いたときの違いは?きっと今までにない新しい発見ができると思います。ぜひあなたのそばに置いていただきたい一冊です。購入を希望される方はメールでご連絡ください。




定価:1、300円(税込・送料別)
発行人:夢の記憶社



Link;

「絵手紙とは何ぞや?」迷える老ひつじさんの絵手紙に対する熱い想いは、必読の価値があります
TOMO’s 絵手紙の世界へ。お嬢さんの描く絵手紙もとっても素敵です
たくさんの絵手紙とその一つ一つにつけられたコメント。2倍楽しめます
古くからの素敵な絵手紙仲間、中野幸子さんのブログです






Menu;

メインページ(ぎゃらりー)

絵てがみの心 -今月の一枚-

心伝える絵手紙教室56 −「油性ダーマートを使って野菜を描く」−

絵手紙をはじめてみたい人のために






mail@chikyu-etegami.net
地球・絵手紙ネットグループ