編集後記

 地球・絵手紙ネットグループでは、毎年大崎ウエストギャラリー主催の「絵手紙フェスティバル」に出展しています。今回は、日本の詩歌の伝統である連歌、連句、連詩に触発され、絵手紙は「思い描く」という趣旨を活かして、「連思絵手紙」と命名して新たな絵手紙の世界に挑戦しましたので、ぜひを見に来てください。(2019/Feb/26)
日程:【後期】 2019年3月22日(金)〜29日(金) 10:30-17:30
会場:大崎ウエストギャラリー

 ホームページ「えてがみさろん」には、今、何枚の絵手紙が掲載されているかご存知ですか。答えは約1,700枚。えっどこにそんなにあるの?と思った方は、今から見にいってください。まずは、メインページに入り口のある「絵手紙再発見」。このホームページを公開した1997年から2007年までの作品が掲載されています。ここは、ご覧になった方も多いでしょう。実はもうひとつ書庫があります。わかりにくいのですが、「絵手紙セレクション」のページの下の方、「HOME」の横の「書庫へ」をクリックしてください。テーマ別に分かれたたくさんの絵手紙をご覧いただけます。地球・絵手紙ネットグループの創始者、「木下誠流」絵手紙の勉強になります。「絵手紙雑感」にある「バックナンバー」と合わせて、ぜひご覧になってください。







 「通信絵手紙教室」発足のお知らせ

 「通信友の会」制度が、新たに通信「絵手紙教室」として復活しました。楽しむ・学ぶ・役立つ、絵手紙の情報誌、季刊「絵てがみの心」(B5版オールカラー30ページ程度)の送付をはじめ、グループ講師が絵手紙の指導を行います。
 近くに絵手紙教室がない方、絵手紙は描いてみたいけど教室に行く時間がない方、また、絵手紙を趣味とする仲間を探している方、よろしければ、「地球・絵手紙ネットグループ」が主催する通信「絵手紙教室」に入会してみませんか?興味のある方は下のリンクをクリックしてください。



 「会報『絵てがみの心』読者の会」発足のお知らせ


地球・絵手紙ネットグループ
情報誌「絵てがみの心」

 「自宅会員」制度に変わり、会報『絵てがみの心』読者の会が発足します。楽しむ・学ぶ・役立つ、絵手紙の情報誌、季刊「絵てがみの心」(B5版オールカラー30ページ程度)の送付をはじめ、より充実した「読書の会」をめざし知恵を絞ってまいります。
 入会を希望される皆様は下記宛までお電話またはホームページのお問合せフォームよりご連絡を下さい。折り返し詳細を文書でお送りいたします。なお、会員だった皆様には後日、詳細を郵便などでお知らせいたします。

 「読者の会」年会費:3,500円(3,241円+税)

 発行元:株式会社カテナ 会報「絵てがみの心」読者の会
 HomePage 夢の記憶社(株式会社カテナ)
 TEL 042-490-6831 ※受付時間 10:00-18:00(月曜-土曜)





 『絵手紙展』のお知らせ



 『絵手紙テキスト』改訂版発行のお知らせ

 「絵手紙を始める方への入門書」と副題についているとおり、絵手紙の道具から描き方まで懇切丁寧に説明されています。同じ素材を異なる筆記用具で描いたときの違いは?きっと今までにない新しい発見ができると思います。ぜひあなたのそばに置いていただきたい一冊です。購入を希望される方はメールでご連絡ください。




定価:1、300円(税込・送料別)
発行人:夢の記憶社



Link;

TOMO’s 絵手紙の世界へ。お嬢さんの描く絵手紙もとっても素敵です
たくさんの絵手紙とその一つ一つにつけられたコメント。2倍楽しめます
古くからの素敵な絵手紙仲間、中野幸子さんのブログです






Menu;

メインページ(ぎゃらりー)

絵手紙雑感 -今月の一枚-

心伝える絵手紙教室62 −「割り箸で描く」−

絵手紙をはじめてみたい人のために






mail@chikyu-etegami.net
地球・絵手紙ネットグループ